>>back to label list

Plum / 7 inches Box Set
by Various

thrill200
\5,500 (tax incl.)

Thrill Jockey

 スリル・ジョッキーは15年前にニューヨークのロウアー・イースト・サイドで設立された。 
1992年のスリル・ジョッキーは、当時の多くのレーベルのように7インチ・ シングルをリリースし、中にはトータスやフリークウォーターのようにのちに有名になったグループや、今ではあまり知られていないシュガーショックやゴリラのような アーティストの7インチもリリースした。1992年以降の15年の間は、7インチのリリースは少なくなったが、珠玉のような楽曲も数々リリースされてきた。ブロークバックは、『Returns to the Orange Grove』という美しい7インチ・シングルでデビューした。ザ・ローンサム・オーガニストは豪華なポップアップ・カヴァーの7インチで多くのリスナーに衝撃を与え、ザ・ナショナル・トラストはザ・ラスベリーズに捧げた7インチで注目を浴びた。
 スリル・ジョッキーは15年間大好きなバンドのレコードをリリースしてきたわけだが、我々は15周年を記念するために、7インチの伝統に焦点を当てることにした。1989年にブラスト・ファーストがリリースした『Devil’s Jukebox』7インチ・ボックス・セットからインスピレーションを受け、スリル・ジョッキーは限定で重量盤の7インチ・ボックス・セットをリリースする。コンセプトは、スリル・ジョッキーのバンドが、お気に入りのスリル・ジョッキーの曲をカヴァーするというもの。
 ボックス・セットは、10枚のシングル入りのコレクションとなっている。参加アーティストは、スリル・ジョッキーのバンドの曲をカバーしたわけだが、以下の楽曲がボックス・セットに収められている。
 トータスは竹村ノブカズの「FallsLake」(2002年の『10th』より)をカヴァー。竹村ノブカズは、生楽器(その大半は竹村自身が演奏している)、アナログ・シンセ、 コンピューターで加工または生成された声(彼は言語障害者用のソフトウェアを使用したこともある)を組み合わせて注目された日本のミュージシャンだ。
 アーボーティアムは、タリア・ゼデックの「Bus Stop」(2004年の『Trust notThose in Whom Without Some Touch Of Madness』より)をレコーディングした。タリア・ゼデックは、カムとウジなどのバンド活動で知られているボストン出身のミュージシャン。タリアは今年の秋にスリル・ジョッキーからリリースされるセカンド・アルバムのレコーディングを開始し、2008年初頭に発表する予定。このボックス・セントへの参加も快諾した。アーボーティアムのレコーディングに参加したスペシャル・ゲストは、ビーチ・ハウスのビクトリアであり、両バンドは秋にヨーロッパ・ツアーを敢行。
 ザ・シー・アンド・ケイクは、2006年のキャリフォンの最新作『Roots & Crowns』の「Spider's House」をカヴァー。ザ・シー・アンド・ケイクのサム・プレコップのヴォーカルは、この曲に全く新しいフィーリングを与えている。キャリフォンとザ・シー・アンド・ケイクは秋に一緒にツアーし、ロンドンとシカゴで行われたスリル・ジョッキーのアニヴァーサリー・ショーにも出演した。
 ピット・アー・パットはロンサム・オーガニストの1999年のアルバム『Cavalcade』の名曲「Flew Out my Window」を選び、カリプソ的に再解釈した。ピット・アー・パットのブッチー・フエゴは、ニューヨークで行われたボアダムスの77ボアドラム・パフォーマンスで、7人目のドラマーとして出演した。ピット・アー・パットは、秋にザ・ ファイアリー・ファーナセスと北米ツアーを行った。
 ディレクションズ・イン・ミュージックはジェフ・パーカーの「Toy Boat」(『ザ・リラティヴス』: THRILL-JP 17 / HEADZ 37)をカヴァーし、バンディ・ブラウンがトータス初期のシングルに参加していた頃のサウンドを彷彿とさせた。プルマンはシカゴ・アンダーグラウンド・カルテットの「Three in the Morning」(2001年の『Chicago Underground Quartet』より)をカヴァーした。
 デヴィッド・バーンはザ・ファイアリー・ファーナセスの「Ex-Guru」(2007年の最新アルバム『ウィドウ・シティ』: THRILL-JP 43 / HEADZ 104より)をカヴァー。
 アーチャー・プルウィットはザ・ナショナル・トラストの「Mrs.Turner」(2002年のファースト・アルバム『dekkagar』より)をカヴァーした。
 ボビー・コン、キャリフォン、タリア・ゼデックはそれぞれフリークウォーターの「Washed in the Blood」(1998年の『Springtime』より)、「Jewel」(2005年の『Thinking of You…』より)、「Flat Hand」(『Springtime』より)をカヴァー。
 フリークウォーターはザ・ジンクスの「Passengers」(2005年の『ディマー』:THRILL-JP23 / HEADZ 48より)をカヴァー。
 ザ・ジンクスはハウ・ゲルブの「Blue Marble Girl」(2001年の『Confluence』より)をカヴァー。
 ハウ・ゲルブはジョン・パリッシュの「Boxers」(2005年の『ワンス・アポン・ア・リトル・タイム』: THRILL-JP 26 / HEADZ 55より)をカヴァー。
 ジョン・パリッシュがキャリフォンの「Vampiring Again」(2003年の『クイックサンド/クレイドルスネークス』: THRILL-JP 3 / HEADZ 5より)をカヴァー。
 スー・ガーナーとリック・ブラウンはOOIOOの「UMO」(『Taiga』より)をカヴァー。
 アダルトはピット・アー・パットの「Underwater Wave Game」(2005年の『シェイキー』: THRILL-JP 22 / HEADZ 44より)をカヴァー。
 アンジェラ・デスヴォーはアーボーティアムの「Two Moons」(2007年の『Ritesof the Uncovering』より)をカヴァー。
 イレブンス・ドリーム・デイはスー・ガーナー&リック・ブラウンの「I Like theName Alice」(2000年の『Still』より)をカヴァー。
 マウス・オン・マーズはシー・アンド・ケイクの「Middlenight」(2007年の『エヴリバディ』: THRILL-JP 39 / HEADZ 94より)をカヴァー。
 ファンは間違いなくこのボックス・セントを楽しんで頂けるに違いない!そして、カヴァーされている素晴らしいオリジナル曲も是非探して欲しい!このボックス・セットはリミテッド・エディションのプレスで、CDではリリースされない。
Plum / 7 inches Box Set
thrill 200
Tracklist

artist a:
Angela Desveaux「Two Moons」
original by Arbouretum from the lp 『Rites of the Uncovering』
artist b
John Parish 「Vampiring again」
original by Califone from the lp 『Quicksand / Cradlesnakes』
----------------------------------------------------------------------------
artist a
Arbouretum 「Bus Stop」
original by Thalia Zedek from the lp 『Trust Not Those in Whom Without a
Touch of Madness』
artist b
Califone 「Jewel」
original by Freakwater from the lp 『Thinking of You…』
----------------------------------------------------------------------------
artist a
The Sea and Cake 「Spider's House」
original by Califone from the lp 『Roots & Crowns』
artist b
The Zincs 「blue marble girl」
original by Howe Gelb from the lp 『Confluence』
----------------------------------------------------------------------------
artist a
Tortoise 「FallsLake」
original by Nobukazu Takemura from the lp 『10th』
artist b
Pullman 「Three in the Morning」
original by Chicago Underground Quartet from the self titled lp
----------------------------------------------------------------------------
artist a
Thalia Zedek 「Flat Hand」
Original by Freakwater from the lp 『Springtime』
artist b
Eleventh Dream day 「I like the Name Alice」
original by Sue Garner and Rick Brown from the lp 『Still』
----------------------------------------------------------------------------
artist a
Bobby Conn 「Washed in the Blood」
original by Freakwater from the lp 『Springtime』
artist b
Adult. 「Underwater Wave Game」
original by Pit er Pat from the lp 『Shakey』
----------------------------------------------------------------------------
artist a
Pit er Pat 「Flew Out My Window」
Original by Lonesome Organist from the lp 『Cavalcade』
artist b
Sue Garner and Rick Brown 「UMO」
original by OOIOO from the lp 『Taiga』
----------------------------------------------------------------------------
artist a
David Byrne 「Ex-Guru」
original by The Fiery Furnaces from the lp 『Widow City』
artist b
Directions in Music 「Toy Boat」
original by Jeff Parker from the lp 『Relatives』
----------------------------------------------------------------------------
artist a
Freakwater 「Passengers」
original by The Zincs from the lp 『Dimmer』
artist b
Archer Prewitt 「Mrs. Turner」
original from The National Trust from the lp 『Dekkagar』
----------------------------------------------------------------------------
artist a
Mouse On Mars 「Middlenight」
original by The Sea And Cake from the lp 『Everybody』
artist b
Howe Gelb 「Boxers」
original by John Parish from the lp 『Once Upon a Little Time』
----------------------------------------------------------------------------

>>back to label list