>>back to label list

ZU & NOBUKAZU TAKEMURA
『Identification with the enemy: A Key To The Underworld』

ズー & 竹村ノブカズ
『アイデンティフィケイション・ウィズ・ジ・エネミ−: ア・キー・トゥ・ジ・アンダーワールド』

ALP-JP 1 / HEADZ 91 
¥2,415 (tax incl.) ¥2,300 (without tax)
2007. 2.14 on sale
ATAVISTIC

2005年9月に来日し、元フェイス・ノー・モアのマイク・パットン率いるファントマスのフロントアクトを務めたイタリアの超絶技巧アヴァンギャルド・ジャズ/ハードコア・ロック・トリオ、ズ−(ZU)。2002年の『10th』(Thrill Jockey)や『Water's Suite』(Extreme)、2003年のAssembler名義の『Assembler 2』(Moonlit/Childisc)以来となる新作が待望視されている竹村ノブカズ。2006年12月にも共演のヨーロッパ・ツアーを行ったこの相思相愛の2組によるコラボレート・アルバムが遂に発売。

過去に2枚のズーのコラボレート・アルバム、ケン・ヴァンダーマーク率いるSPACEWAYS INCORPIRATEDとの共演盤である『Radiale』、ディスカホリック・アノニマス・トリオのメンバーでもあるスウェーデンのサックス奏者、マッツ・グスタフソンとの共演盤『How To Raise An Ox』を発売しているシカゴのATAVISTICがリリース元で、2005年10月にローマでレコーディングされている。

ズーのマッシモ・プッピーロはイタリアのアヴァンギャルド・シーンのキー・パーソンで、大友良英、サーストン・ムーア、ジム・オルーク、DJオリーヴ、ウィリアム・フッカー、元Karateのジェフ・ファリナ、フガジのジョ−・ラリー他と共演を重ねている。ズ−としては2002年にはスティーヴ・アルビニがプロデュースした傑作アルバム『Igneo』をリリースしており、ユージン・チャドボーン、フレッド・ロングバーグ・ホーン、異端ヒップホップ・ユニットのDalek、メルヴィンズ等とそれぞれ共演盤を制作している。ズ−のヘヴィーかつノイジーな音像と竹村による縦横無尽な電子音のミックスはスリリングで、ポップ・グループや初期のトータスを想起させつつも、非常にグルーヴィーでオリジナルなサウンドを創出している。日本盤にはボーナス・トラックとして2006年12月のパリ公演のライヴ音源が収録されている。

●解説:竹村ノブカズ(moonlit)
●日本先行発売
●日本盤のみボーナス・トラック3曲収録。

1. ALONE WITH THE ALONE 4:58
2. THE CULPRIT 5:06
3. STANDING ON THIS ZERO SPOT 2:43
4. NEW BUDDHAS IN STOCK 1:33
5. USUAL CONVERSATIONS WITH YAMA 12:04
6. AWAKE IN THE NEXT ROOM 2:38
7. EVERYONE GETS HIS OWN NEMESIS 4:01
8. DELIVER ME FROM THE BOOK OF SELF 7:34
9. PSYCHOPOMP 3:55
10. HECATE, A RUMINATION 7:35
11. WE ARE ALL RETURNING 3:33
TOTAL TIME 55:45
※ TRACKS 9 - 11 … 日本盤のみのボーナス・トラック

LUCA TOMMASO MAI(ルカ・トンマ−ゾ・マイ): BARITONE SAX
JACOPO BATTAGLIA(ヤコポ・バッターリャ): DRUMS, ELECTRONICS
MASSIMO PUPILLO(マッシモ・プッピーロ): BASS
NOBUKAZU TAKEMURA(竹村ノブカズ): ELECTRONICS

RECORDED BY MATTEO SPINAZZE AT LOCOMOTORE STUDIO, ROME, OCTOBER 2005
PRODUCED AND MIXED BY ZU & MATTEO SPINNAZZE AT LOCLMOTORE STUDIOS 2006
MASTERED BY JOHN McCORTNEY AT AIRWAVE STUDIO, CHICAGO, ILLINOIS
BONUS TRACKS WERE RECORDED BY SYLVAIN THEVENARD AT LA DYNAMO, PARIS, DECEMBER 2006
BONUS TRACKS WERE MASTERED BY REEKS AT HOMBRELOBO STUDIO, ROME

ZU RELEASES ON ATAVISTIC:
ZU VS. SPACEWAYS INCORPORATED “RADIALE” (ALP151CD, 2004年)
ZU VS. MATS GUSTAFSSON “HOW TO RAISE AN OX” (ALP168CD, 2005年)
ZU RELEASES IN JAPAN:
“雷乃発声(RAI SUNAWACHI KOE WO HASSU) VERNAL EQUINOX” (MCRN-005, 2006年) ON MACARONI RECORDS


>>back to label list