>>back to label list

EXPLODING STAR ORCHESTRA
『We are all from somewhere else.』

エクスプローディング・スター・オーケストラ
『ウィ・ア−・オール・フロム・サムムホウェア・エルス』

THRILL-JP 38 / HEADZ 89  
2007. 1.20 on sale
Thrill Jockey Records

シカゴ・アンダーグラウンド、マンダリン・ム−ヴィ−、サンパウロ・アンダーグラウンドに続き、シカゴ出身のコルネット奏者、ロブ・マズレク(現在ブラジルのアマゾン熱帯雨林地帯にあるマナウスを拠点にしている)が新たなプロジェクトをスタート。
 メンバーはトータスのジョン・マッケンタイア、ジョン・ハーンドン、ジェフ・パーカーの3人に加え、アイソトープ217/マンダリン・ム−ヴィ−のマット・ラックス、フリークエンシー/ブラック・アース・アンサンブルのニコール・ミッチェル等、シカゴのアヴァンギャルド・ジャズ/フリー・インプロヴィゼーション〜オルタナティヴ・ミュージック・シーンを担う総勢14名の精鋭たちによって編成されている。
 アルバムはブラジル、フランス、シカゴで構想/作曲され、30回におよぶライヴを通し、2年間の制作期間を経て遂に完成。ロブとジョン・マッケンタイアの共同プロデュースで、録音とミックスはジョンが所有するSOMA E.M.S.で行われ、ジョン自身がエンジニアも担当している。
 3つの異なるセクションから構成されており、インナースリーヴに記載されている地球と宇宙をテーマにしたロブ自身によるテキストに対応している。凄腕メンバーによる肉感的なミニマル・ミュージックやサウンドトラック的なサウンドに電気ウナギの奏でる音やアマゾンでのフィールドレコーディングをミックスする等、ジョン・マッケンタイアのポスト・プロダクションも冴え渡る。
サン・ラー&ヒズ・ア−ケストラやアート・アンサンブル・オブ・シカゴにも繋がるシカゴ・ジャズの様々な伝統が息づいたアヴァンかつジャジーなビッグ・バンド・サウンドは圧巻。日本盤のボーナス・トラックにのみステレオラブのレティシアがポエトリー・リーディングで参加。

STING RAY AND THE BEGINNING OF TIME
スティング・レイ・アンド・ザ・ビギニング・オブ・タイム
1. PART 1 11:43
2. PART 2 2:09
3. PART 3 (PSYCHO-TROPIC ELECTRIC EEL DREAM) 7:48
     (サイコ・トロピック・エレクトリック・イール・ドリーム) 
4. PART 4 4:41
5. BLACK SUN 3:07

COSMIC TOMES FOR SLEEP WALKING LOVERS
コズミック・ト−ムズ・スリープ・ウォーキング・ラヴァ−ズ
6. PART 1 4:52
7. PART 2 4:30
8. PART 3 6:32
9. PART 4 (FIFTEEN WAYS TOWARDS A FINITE UNIVERSE) 0:11
     (フィフティーン・ウェイズ・トゥウォ−ズ・ア・フィニット・ユニヴァ−ス)
10. PART 5 5:22
11. LUMINOUS GALAXY 6:33
  ルミナス・ギャラクシー
12. DARK WATER 7:35
  ダーク・ウォーター 
TOTAL TIME 65:08
※ TRACKS 11, 12 … 日本盤のみのボーナス・トラック

RECORDED AND MIXED AT SOMA ELECTRONIC MUSIC STUDIOS CHICAGO, JUNE 2006
ENGINEERED BY JOHN MCENTIRE. PRODUCED BY ROB MAZUREK /JOHN MCENTIRE
DESIGN: SHEILA SACHS. ARTWORK: SHEA AKO.
TEXT FLIP: JOAO SIMOES. TEXT: ROB MAZUREK.
BONUS TRACKS: LUMINOUS GALAXY WITH LAETITIA SADIER AND KEN VANDERMARK, DARK
WATER WITH KEN VANDERMARK.
MASTERED BY TIM ISELER AT SOMA EMS.
ROB MAZUREK: COMPOSER, DIRECTOR, CORNET, COMPUTER
NICOLE MITCHELL: FLUTES, VOICE
JEB BISHOP: TROMBONE
COREY WILKES: FLUGELHORN
JOSH BERMAN: CORNET
MATT BAUDER: BASS CLARINET, TENOR SAXOPHONE
JEFF PARKER: GUITAR
JIM BAKER: PIANO, ARP, PIANETTE
JASON ADASIEWICZ: VIBRAPHONE
JOHN MCENTIRE: MARIMBA, TUBULAR BELLS
MATTHEW LUX: BASS GUITAR
JASON AJEMIAN: ACOUSTIC BASS
MIKE REED: DRUMS, PERCUSSION, SAW
JOHN HERNDON: DRUMS

>>back to label list