>>back to label list

ethan rose “ceiling songs”
イーサン・ローズ 『シーリング・ソングス』

ex-po 8 / HEADZ 72
\ 2,415 (tax incl.) \ 2,300 (without tax)
2006. 5. 3 on sale
locust music

エスパーズ、ジョゼフィン・フォスター(Josephine Foster)、ファンクション(Function)等の成功によりポップ・シーンからも俄然注目を浴び始めたシカゴのインディー・レーベル、ローカスト・ミュージック(Locust Music)から登場した、繊細な感性と誠実な技巧を兼ね備えた、期待のソロ・ミュージシャン/コンポーザ−、イーサン・ローズ。
そのイーサンが2005年末に限定500枚のアナログ盤のみで発表した初のフル・アルバム『Ceiling Songs』が日本先行でCD化決定!!『シーリング・ソングス』はタイトルの無い3編の楽曲から成り立っており、今日的なエレクトロ・アコースティックと古き良き意味でのアナクロニズムが絶妙にブレンドされている。現ウィルコ/ルース・ファーのグレン・コッチェも大絶賛する、すこぶるイマジナティヴでこの上なくエレガントな、極上のアンビエント・ミュージック。
CD化に際し、日本盤には2004年にローカストからCD-Rで発売され、現在廃盤のイーサンの2枚目のリリース作(CD-Rのみで発表)のタイトル曲「The Dot & The Line」を追加収録。
機械と楽曲が衝突しあい、素晴らしいアクシデントが起こりうることもある。
自動演奏ピアノのボロボロになった巻き取り譜面、壊れたオルゴールや伝統楽器などを使い、私は自分の手で丁寧にそしてランダムに音に介入しながら、今作の楽曲を生み出した。今作を制作するモチベーションになったのが、時代遅れな機械の中にある歯車が回る音、紙が擦れる音、または古いものから生まれる音のテクスチャーへの愛情だ。外部から内面にアイデアが侵入したのと同時に、内面からアイデアが湧き出て、自分自身の芸術性と身近にある素材がもつ傾向の境界線が曖昧になった。それが『Ceiling Songs』を生み出すきっかけになったのだ。
イーサン・ローズ
ポートランド、オレゴン
2005年夏
●解説:佐々木敦(HEADZ)
●日本先行CD化
●日本盤のみボーナス・トラック1曲収録

1.   15:24
2.     5:01
3.   19:50
4. The Dot & The Line 15:18
Total Time 55:40


>>back to label list