>>back to label list

SÃO PAULO UNDERGROUND “SAUNA: UM, DOIS, TRÊS”
サンパウロ・アンダーグラウンド 『サウナ: ウン, ドイス, トレス』

AST-JP 1 / HEADZ 71
\ 2,415 (tax incl.) \ 2,300 (without tax)
2006. 5. 3 on sale
Aesthetics

最高傑作との呼び声も高いシカゴ・アンダーグラウンド・デュオの最新作『イン・プレイズ・オブ・シャドウズ』の興奮覚めやらぬ間に、シカゴ・アンダーグラウンドのコルネット奏者、ロブ・マズレクが早くも新プロジェクトを始動。
サンパウロ・アンダーグラウンドと名付けられたこのプロジェクトは、ブラジルはアマゾンのマナウスに移住したロブが、オット−やナナ・ヴァスコンセロスとも共演してきたブラジリアン・ドラム/パーカッション奏者、マウリシオ・タカラとスタートさせた2人組。デビュー作となる本作は、サンパウロのホシャ・スタジオズで2005年8月から11月の間にレコーディングされ、マルコス・アシェ、チア−ゴ・メスキータ、マウリシオも在籍する6人組アヴァン・ジャズ・ロック・バンド、ウルトモルド(Hurtmold)のメンバー他サンパウロのミュージシャンと、ロブの地元シカゴからジョシュ・エイブラムス(タウン・アンド・カントリー/リマインダ−)、ジ・エターナルズのデーモン・ロックス(本作のアートワークも担当)とウェイン・モンタナの二人、シカゴ・アンダーグラウンド・デュオの相棒で現在はNY在住のチャド・テイラ−が参加している。
ロブが率いたアイソトープ217の2000年作『Who Stole The I Walkman?』にも通ずる、アヴァンギャルドさと先進性を兼ね備えた、ジャズ、電子音響、ポストロック、いずれにもあてはまらない分類不可能なオリジナルなサウンドを創出している。
●解説:大谷能生
●日本先行発売
●日本盤のみボーナス・トラック2曲収録。

1. SAUNA: UM, DOIS, TRÊS サウナ: ウン, ドイス, トレス  5:59
2. POMBARAL ポンパラウ  9:30
3. THE REALM OF THE RIPPER ザ・レルム・オブ・ザ・リッパー  4:19
4. OLHOSSSS... オーリョスススス…  7:59
5. AFRIHOUSE  アフリハウス 7:07
6. BLACK LIQUOR ブラック・リカー  2:50
7. BÃLAO DE GÁS バイアォン・ヂ・ガス  6:59
8. NUMA GRANA  ヌマ・グラナ 5:00
9. O ARMARINHO  オ・アルマリーニョ 2:22
10. FSY 3:50

TOTAL TIME 55:57


>>back to label list