>>back to label list

ARIZONA AMP AND ALTERNATOR “ARIZONA AMP AND ALTERNATOR”
アリゾナ・アンプ・アンド・オルタネイター
『アリゾナ・アンプ・アンド・オルタネイター』
THRILL-JP 27 / HEADZ 56
\ 2,415 (tax incl.) \ 2,300 (without tax)
2005. 9. 7 on sale (米国発売: 2005. 9.13)
thrill jockey records


2005年10月に2度目の来日公演が決定したジャイアント・サンドのフロント・マン、ハウ・ゲルブ。
自らをヘッド・メカニックと名乗り、車の修理工場名を模した新レコーディング・プロジェクト、アリゾナ・アンプ・アンド・オルタネイターを始動。
初の音源となる本作にはゲストとして、ハウ自身が発掘した、ノラ・ジョーンズもお気に入りのシンガー・ソングライター、M・ウォード、Too Pureからサード・アルバムを発売したばかりのポスト・PJハーヴェイの最右翼、スカウト・ニブレット(ジャイアント・サンドの前作『イズ・オール・オーヴァー・ザ・マップ』にも参加)、ジョナサン・リッチマンの相棒、トム・ラーキンス、ジュリー・ドワロンやマリタイムのバック・メンバーとして来日したこともある現アーケイド・ファイアのジェレミー・ガラ、以前から交流のあるグランダディのメンバー、今やハウの作品には欠かせないジョン・パリッシュ他が参加。
ハウの第2の故郷、デンマーク、グランダディの本拠地、カリフォルニアのモデスト、そしてハウのホームタウン、トゥーソンの3箇所でレコーディングを敢行。ジャイアント・サンドの作品にも参加していたマリー・フランクをはじめ、3人の有名なデンマークの歌姫をフィーチャーし、トラフィックやスタンダードの「ベイビー、外は寒いよ」のカヴァーも収録。楽曲ごとに飄々とスタイルを換え、ラフなサウンドながらも心に染み入るような素晴らしい「うた」が沢山詰まった、ジャイアント・サンドの作品にも勝るとも劣らない傑作アルバム。
●日本盤のみ「ボトム・オブ・ザ・バレル」のプロモーション・ヴィデオを収録したエンハンスド仕様
1. VELVET AND PEARL 2:18
2. WHERE THE WIND TURNS THE SKIN TO LEATHER 4:51
3. AAAA [1] 2:44
4. LOW SPARK OF HIGH HEELED BOYS 4:17
5. MAN ON A STRING 3:23
6. BOTTOM OF THE BARREL 4:40
7. AAAA [2] 3:51
8. CAN DO GIRL 2:07
9. BLUE BLUE MARBLE GIRL 4:44
10. BABY IT'S COLD OUTSIDE 2:14
11. RE-ENTRY 0:41
12. LORETTA AND THE INSECT WORLD 3:06
13. AAAA [3] 1:16
14. TALULA AND THE LAST STRAW 4:17
15. VOWS 2:46
16. AAAA [4] 4:38
17. RECITAL 0:27
18. THE LEAVING YOU 6:24
TOTAL TIME 59:12

>>back to label list