>>back to label list



INNODE(イノーダ)
『SYN』(スン)

UNKNOWNMIX 53 / HEADZ 251 (原盤番号:eMEGO 294)
価格:2,200円+税 (税込定価:2,420円)
2021.5.21 on sale
フォーマット:CD
原盤レーベル:Editions MEGO






オーストリアのウィーンを代表する電子音響バンド、ラディアン(Radian)脱退後、シュテファン・ネメト(Stefan Németh)が新たにスタートさせたプロジェクト、イノーダ(Innode)。
2013年のデビュー作『Gridshifter』以来となる、新作(2nd)アルバムで日本初登場。
(ネメトが設立したMosz Recordsからのリリースもある)Pan•Americanのメンバーでもあった米シカゴ在住のアメリカ人ドラマー、スティーヴン・ヘス(Steven Hess) 、Patrick Pulsingerのプロデュースでデビューしたウィーン発の人力テクノ・バンド、Elektro Guzziのメンバーでもあるビァーンハルト・ボレアー(Bernhard Breuer)とのトリオ編成となっての初のリリース作品で、ネメト脱退後、ロック色を強めたラディアンと比較すると、ネメト在籍時よりも更にエレクトリック色を強め(深化させ)、ラディアンの未来進化系のようなスタイルを具現化している。
様々なヴァリエーションのノイズとリズムを主体に、インダストリアル、IDMを想起させるような音圧・音響の素晴らしさは勿論のこと、タイトかつシンプル、非常に音楽的で肉感的な、カールステン・ニコライ、フェネス、オウテカ等の革新性を継承するかのような大傑作アルバム。
CDのマスタリングはデジタル版と同様、デイヴィッド・シルヴィアンとの共作等、日本でも人気の高いドイツの電子音楽家、シュテファン・マチュー(Stephan Mathieu)が担当。
バンドとエレクトロニクスのハイブリッドでは収まり切らない、洗練されつつも新鮮に響く、轟音と静寂で緻密に構成(コンポーズ)された最先端サウンドを聴き逃すな。

◎ 解説:佐々木敦、細田成嗣
◎ 日本盤のみのCD化作品
◎ LPレコード・ヴァージョンのデザインをベースに、オリジナル盤のデザイナー(Nik Thoenen)がリデザインした、日本盤のみの独自デザインの紙ジャケ仕様







【収録曲】

1. Odessa オデッサ
2. I/O アイ・オー
3. BBSH ビー・ビー・エス・ハー
4. Moon ムーン
5. PTMKN ピー・ティー・エム・カー・エヌ
6. Rote Wueste ローテ・ヴェスタ
7. L エル


1, 4, 5 by Stefan Sandor Németh / Bernhard Breuer (Copyright Control)
2, 3, 6, 7 by Stefan Sandor Németh / Bernhard Breuer / Steven Robert Hess (Copyright Control / BMI)


Bernhard Breuer(ビァーンハルト・ボレアー): drums, drum synthesizer
Steven Hess(スティーヴン・ヘス): drums
Stefan Németh(シュテファン・ネメト): synths, sampler

Recorded by Nik Hummer(ニック・ホーマー) and Brigitta Bödenauer (ブリギッタ・ブーデンナゥワー: recording assistant) at Minusgroundzero, Vienna, AT
Additional drums on Odessa and Moon recorded by Doug Malone(ダグ・マローン) at Jamdek Recording Studio, Chicago, IL
Drums in PTMKN recorded by Bernard Breuer
Modular synth on L by Nik Hummer

Mixed by Nik Hummer at at Minusgroundzero, Vienna, AT
Mastered by Stephan Mathieu(シュテファン・マチュー) at Schwebung Mastering, Bonn, DE

Artwork by Nik Thoenen(ニキ・トゥーナン)


Innode - Rote Wueste [Music Video]

music: Innode
camera & film editing: Stefan Németh


SYN is the second album by Innode, a trio featuring Steven Hess and Bernhard Breuer on drums as well as Stefan Németh on synthesizers and sampler. Initiated as a solo project by Németh, Innode transformed into a band while working on the live presentation of Gridshifter, the debut recording on Editions MEGO, which was centered around electronic pieces with contributions by Breuer and Hess on separate tracks.

On SYN, all three musicians provided creative input on the album’s development from inception to completion. Sounds, fragments, and arrangements were exchanged and reshaped to form preliminary versions of the compositions, which were subsequently recorded by the trio in the studio. More space was given to the spontaneous interaction between individual band members.

The music of Innode has been described as rhythm and noise, with electronic and acoustic elements assembled into precise, quasi-minimalist constructions. With SYN, the band expands on this basic idea in terms of form and sonic palette. There is a clear shift away from programmed drum patterns toward acoustic or electronic drums played live. Synthesizer sounds are still pure, and the arrangement remains controlled, but Innode has broadened their musical investigations to include more expressive passages and micro-melodies. In contrast to previous works, the tracks represent an integration of material coming from three musicians, finally merging into a single unit.

『SYN』(スン)は、ドラムのスティーヴン・ヘス(Steven Hess)とビァーンハルト・ボレアー(Bernhard Breuer)、シンセサイザーとサンプラーのシュテファン・ネメト(Stefan Németh)のトリオ、Innode(イノーダ)のセカンド・アルバムである。Innodeはネメトのソロ・プロジェクトとしてスタートしたが、Edition MEGOからのデビュー・レコーディング作品である『Gridshifter』のライヴ・プレゼンテーションに取り組む内にバンドへと変化した。この作品はエレクトロニックな楽曲を中心に、ボレアー(Breuer)とヘス(Hess)が各々のトラックに参加している。

『SYN』では、3人のミュージシャンが全員、アルバム制作の構想から完成まで、クリエイティヴな意見を出し合った。サウンド、断片、アレンジを交換し、作曲作品のデモ・ヴァージョンを新たに整え、続いてトリオはそれらをスタジオで録音した。個々のバンド・メンバー間の自発的な意思の疎通に、より多くの時間が割り当てられた。

Innodeの音楽は、リズムとノイズで表現され、エレクトロニック(電子)とアコースティック(音響)な要素ともに、擬似のミニマリズムの構造が、精密に構築されている。『SYN』で、バンドは、形態やソニック・プレート(音色の幅)に関する基本的なアイディアを拡張している。プログラムされたドラム・パターンから、ライヴ演奏されたアコースティックまたは電子ドラムへと明らかにシフトしている。シンセサイザーの音は常にピュアで、アレンジはコントロールされているが、Innodeは、より表現力のある節やかなり短いメロディーを含むまでに、音楽的な研究を拡張している。以前の作品とは異なり、収録曲は、3人のミュージシャンによってもたらされた素材の融合を象徴し、最終的には1組のユニットとしてまとまっている。








 


>>back to label list