>>back to label list


毛玉
『しあわせの魔法』

WEATHER 071 / HEADZ 216
価格:2,000円+税
2016.12.14 on sale



無料インストアライブ開催決定!

≪毛玉『しあわせの魔法』発売記念インストア≫

2017年3月25日(土) at 大宮 more recordshttp://morerecords.jp/

LIVE: 毛玉 / hikaru yamada and the librarians

開演 19:00〜

※観覧無料

https://more-records.amebaownd.com/posts/2028314






音像や、特に歌詞の世界観が好みです。コーラスがやりたくなりました。
今回は、詰め込んでいるものが聴けました。
次作はもっともっとマイナスして、赤ちゃんみたいなのが聴いてみたいと思いました。


山崎ゆかり(空気公団)

絵が浮かぶ音楽でそこが好きです。大胆なアレンジも面白くてとても刺激になりました。
勝手な印象ですが僕らも同じ地図で旅をしてる感じがあります。
いつかまた、ここで会いましょう。


戸川由幸(空気公団)

朝起きて身支度をして出かける準備が終わったらそれは夢で実際はまだ寝たばかり、
もう一度寝て起きて身支度をして出かける準備が終わったらそれは夢で………
そんな無限に続く時間が毛玉の音楽に流れているようで、様々な旋律が記憶に残りました。
とても素敵な作品でした。


窪田渡(空気公団)








2014年に1stアルバム『新しい生活』をリリースし、デビューした「毛玉」の2ndアルバム『しあわせの魔法』が遂に発売となります。

昨年開催された、空気公団を招いての毛玉主催の自主レコ発も大盛況。また、年末のリリースにも関わらず一部で年間ベストに選出されるなど、局所的な好評を得た1st『新しい生活』に続く今作では、
1stで歌われたような、ナイーブさと叙情性は通低しつつも、1曲目「船」で表象されるように、嵐を抜けて、新たな物語の世界に船出していくような、ささやかな力強さを秘めた作品となっている。
ボーナストラックとして、あらべぇこと荒井優作によるリミックスを収録。
前作に引き続き、録音/ミックスを担当した岡田靖によるフィールドレコーディングが効果的に配され、
更には、エンジニアとしてミーマイモーや豊田道倫なども手がける異才・宇波拓(HOSE/かえる目など)によるマスタリングが施されている。
アートワークはイラストレーター「あけたらしろめ」によるもの。
ジャケットデザインは気鋭のデザイナー石塚俊。

●毛玉 プロフィール
黒澤勇人を中心に集まった、うたものバンド。2012年結成。
オンラインレーベルsasakino recordsより『毛玉EP』(2012年)、『バイパスEP』(2013年)を配信リリース。
2014年3月には、メンバー上野翔のリーダーバンドOK?NO!!とのスプリットシングルCDをリリース。
2014年のクリスマスにHEADZ/WEATHERより、1stアルバム『新しい生活』を発表。
不定期に開催している自主企画「毛玉の毛玉」では、これまでに、空気公団、スカート、入江陽、OK?NO!!、may.e、吉田ヨウヘイgroup、ex.たま/パスカルズの石川浩司氏らが出演。
http://kurokedama.minibird.jp/
https://twitter.com/kedama_band
https://soundcloud.com/kedama




【収録曲】

1. 船
2. ビバ!
3. キジバト
4. プラネテス
5. もしも口笛が吹けたなら remixed by 岡田靖
6. タイガー・アイランド
7. しあわせの魔法
8. ダンス・ダンス・ダンス
9. しあわせの魔法 remixed by 荒井優作




◎毛玉:
黒澤勇人(vocal, guitar)
上野翔(guitar)
石黒健一(bass)
露木達也(drums)

◎ゲスト:
岸真由子(chorus/M1,2,4,6,8)、池田若菜(flute/M2,8)、福岡宏樹(tenor sax/M1,2,8)、山田光(alto sax/M2,8)

◎コーラス:
MO/yaya/石巻一織(クロウタドリ)/daiteng/麻生菜奈/ラリスズキ/吉田実穂/why-T(ヤバイネーション)/D-tonight(ヤバイネーション)/静かの基地(田中慎太郎+堀坂有紀)/藤原歩/khow(this cat)/ヤハギケイタ/池田圭/You-suck/志賀Lummy(絶対忘れるな)/加藤裕士/岡田靖/クスヤマミキ

◎作詞・作曲:黒澤勇人

◎録音・ミックス:岡田靖
◎マスタリング:宇波拓

◎イラスト:あけたらしろめ
◎デザイン:石塚俊


 


>>back to label list