>>back to label list

無題ドキュメント
Trans Am “Liberation”
トランズ・アム『リベレーション』


THRILL-JP11/ HEADZ 19
\2,415(Tax Incl.) \2,300(Without Tax)
2003. 1.21 on sale
Thrill Jockey Records

ワシントンDCの異端児、トランズ・アムの約2年振り、通算7枚目のアルバムが到着。前作『TA』のエレポップ路線から一転し、彼らの2nd『サレンダー・トゥ・ザ・ナイト』や3rd『ザ・サヴェイランス』時期に戻ったかのようなロック路線が復活。勿論、ファーストや4th『フューチャーワールド』のドイツ風味なテクノ・ポップ路線も健在。
トランズ・アム史上初のポリティカルな内容のアルバムが完成。レコーディングは彼らのスタジオ、National Recording Studioにて2003年の夏に行われており、エンジニアリングやミックスもバンド自身が手掛けている。
●解説・歌詞・対訳付
●日本盤のみボーナス・トラック3曲収録
●日本先行発売(米国発売: 2004. 2.17)
1. OUTMODER 3:41
2. UNINVITED GUEST 2:10
3. IDEA MACHINE 1:55
4. WHITE RHINO 4:19
5. JUNE 2:43
6. MUSIC FOR DOGS 2:56
7. DIVINE INVASION II 1:20
8. WASHINGTON DC 0:06
9. TOTAL INFORMATION AWARENESS 5:51
10. PRETTY CLOSE TO THE EDGE 4:56
11. IS TRANS AM REALLY YOUR FRIEND? 2:34
12. REMOTE CONTROL 2:52
13. SPIKE IN CHATTER 1:57
14. DIVINE INVASION 7:17
15. SUNNY D 3:45
16. GO PILLS 0:43
17. FREAK JAM 2:34

Total Time: 51:47
※Tracks 15-17…日本盤のみのボーナス・トラック

>>back to label list