>>back to label list

oval “o”
オヴァル『o』


THRILL-JP 47 / HEADZ 143
¥ 2,625(tax incl.) ¥ 2,500(without tax)
2010. 8.18 on sale
Thrill Jockey Records



'90年代中盤、CDスキップを使用したエポック・メイキングな実験電子音響作品を世に送り出し、エレクトロニック・ミュージックの新たな可能性を提示して世界中にフォロワーを増殖させたオヴァルことマーカス・ポップ。
自らが生み出したラップトップ・ミュージックの隆盛に嫌気がさし、遂には音楽業界からも引退してしまったマーカスが還ってきた。
オヴァル名義としては2001年の『ovalcommers』以来、マーカスにとってもエリコ・トヨダとのユニット、soの2003年の1stアルバム以来となる新作アルバムはなんと全76曲収録の2枚組CD。
CD1は「ミックテープ」、CD2は「スケッチブック」と自ら称し、それぞれ性格の違う作品となっている。
マーカス自身がギターやドラムをはじめ全ての楽器を演奏し(全収録曲の作曲、プロデュースも本人)、それらを効果的にフィーチャーして制作されたトラックの数々は、これまでのオヴァルのイメージとは無縁ともいえる色彩豊かで清涼感に溢れるサウンドとなっており、懐かしさえ感じさせる。
アルバムに先行して6月にリリースされた12インチ・シングル『Oh』(1000枚限定で、発売と同時にソールド・アウトとなった)で新たなオヴァルは予告されていたが、アルバムではそのサウンドを更に深化させた。
歴史的名盤の2枚『systemisch』、『94diskont.』(Pitchforkの'90年代の100枚にも選出されている)で浸透した感受性豊かな抽象的で鋭利な電子音響の世界観を残しつつも、革新的かつタイムレスで、オーガニックかつ洗練されたサウンドを創り出している。
自らが第ニのデビュー・アルバムと位置付ける程の自信作であり、批評的でありながらも「音楽」愛に満ちた作品となった。
最近、新しい「音楽」に出会っていないとお嘆きの貴兄には必聴の作品です。

●日本先行発売
●4種類の色違いの紙ジャケット仕様(Thrill JockeyのCDは初回プレス分に関しては3種類のみ)
●日本盤CDのみボーナス・トラック6曲(米盤のアナログ盤のみの収録曲)収録
●日本盤のみマーカス・ポップ自身がオリジナル盤よりも遥かに音が良いと認めた益子樹によるリマスター音源を使用(曲間の指定も日本盤のみマーカスの指定通りになっています)


【CD1】

1. PANORAMA
2. AH!
3. SHHH
4. GLOSSY
5. STOP MOTION
6. SKY
7. BEIGE
8. BRAHMS MANIA
9. CINEMATIC
10. CRY
11. COTTAGE
12. I ♥ MUSIK
13. SALAMANCA
14. DOLO
15. DRICAS
16. CYPRUS
17. VESSEL
18. DYNAMO
19. FINIS
20. EMOCOR
21. ALPEN WIREFRAME
22. WONDA
23. INTENSIFY
24. ENCORE
25. 1983
26. HAFF

※TRACK21-26 …ボーナストラック

OVAL = MARKUS POPP
WRITTEN AND PRODUCED BY MARKUS POPP
【CD2】

1. CITYBIKE
2. OSLO
3. IJ
4. RIVO
5. POMP
6. BLINKY
7. PARALLAX
8. KORAL
9. KOLOR
10. AUTO MATIC
11. DREAM OVER
12. PASTELL
13. MAGNIFY
14. DRIFT
15. ALLOVER
16. DERBY
17. FLAX
18. BERGEN BEST
19. MATINÉE
20. KUKICHA
21. 6 AM
22. FLAMINGO
23. RIVO II
24. GOODBYE
25. FONTAN





26. CO-ECHO
27. STOP MOTION II
28. VITESSE
29. SEPTEMBER
30. VOILÀ
31. VEGAS TOP
32. EXPO
33. LONELY
34. JAVA
35. KLACK
36. PROJECT EVERGREEN
37. RAINYDAY
38. BIG CITY NIGHTS
39. ROSAMMIE
40. GALLO
41. MAY TEA
42. CHRONOGRAPH
43. JANK
44. BREEZY
45. PRESS
46. FORM FAKTOR
47. TERMINAL
48. KARO
49. SWISS SUMMER
50. HAPPYEND



REMASTERED BY TATSUKI MASUKO AT FLOAT
oval biography
ドイツはベルリン在住のマーカス・ポップ(Markus Popp)によるソロ・プロジェクト。
1993年にAta Takより『Wohnton』でアルバム・デビュー。
MILLE PLATEAUXからリリースされた2ndアルバム『systemisch』(1994年)、3rdアルバム『94diskont.』(1995年)によって世界的な評価を獲得する(アメリカではこの2作品以降、現在までThrill Jokceyがライセンスを行っている)。
当初はセバスチャン・オシャッツ、フランク・メツガーとの3人組だったが、この2作の制作には2人は殆ど参加していなかった。
1997年にはクリストフ・シャルルとの共演盤『dok』、1999年には誰でもオヴァルになれるというソフトウェアと同名のアルバム『ovalprocess』、2001年にエクストリームかつノイジーな『ovalcommers』を発表している。
トータス、坂本龍一、ピチカート・ファイヴ他のリミックスも手掛けている。

related works...

SO “SO” HEADZ 12
\2,415(tax incl.) \2,300(without tax)
2003年発表の1stアルバム。
日本盤はUS/EUヴァージョンに手を加えたニューミックス・ヴァージョン
日本盤のみボーナストラックを3曲収録


>>back to label list