>>back to label list

蓮沼執太『ポップ オーガ』
Shuta Hasunuma " POP OOGA "

WEATHER 034 / HEADZ 121
¥ 2,500 (tax incl.) ¥ 2,381 (without tax)
2008. 9.17 on sale
WEATHER / HEADZ

蓮沼執太website
http://www.shutahasunuma.com/

Dirty ProjectorsやBexar Bexar他を輩出したことで有名な米オースティンのインディー・レーベル、Western Vinyl(秋山徹次、トゥ・ロココ・ロットのロバート・リポック、オーレン・アンバーチ、パパM、ボニー・プリンス・ビリーの作品もリリースしている)、SILICOM(青木孝充と高木正勝のユニット)を輩出したことで有名な日本が誇るテクノ/エレクトロニカ・レーベル、PROGRESSIVE FOrMでリリースを重ねて来たShuta Hasunumaが、本名、蓮沼執太で挑んだ通算4枚目のアルバムが遂に完成。
Western Vinyl盤で印象的だったメロディの良さを更にアップグレイドし、躍動感溢れるポップさと緻密なアレンジメントをハイブリッドに同居させ、彼自身のヴォーカルも大々的にフィーチャーした最高傑作の登場。
アコースティック楽器の音色や電子音を効果的に配し、音の空間に拡がりを持たせ、テクノ、ハウス、エレクトロニカ、HIP HOP、現代音楽までも内包した、ジャンルに囚われない極上のグルーヴ、ダイナミックかつエレガントなビート・ミュージックを生み出すことに成功している。過去3枚の作風を継承しながらも、風通しの良いオリ ジナリティ溢れるリズミックなサウンドはこのアルバムの最大の特徴となった。
スクリッティ・ポリッティ、ジェイ・ディー、レイ・ハラカミ、コーネリアス、そしてYMOを無意識に繋ぐ驚異の才能をこのアルバムにて体感せよ。
ジャケットのイラストは蓮沼の朋友の画家・近藤恵介(http://www.kondokeisuke.com/)が担当。 
ジャケットの写真は写真家の川村麻純(http://www.masumikawamura.com/)、デザインはHEADZのアート・ディレクターでもある佐々木暁が担当している。
01. United Tee | ユナイテッド ティー 1:17
02. Soul Osci | ソウル オシ 5:31
03. Vol Struggle | ヴォル ストラグル 1:40
04. Field Trip | フィールド トリップ 4:31
05. Triooo | トリオオ 4:49
06. Power Osci | パワー オシ 4:13
07. the PLAY | プレイ 3:37
08. the PLAY pt 2 | プレイ パート2 2:51
09. New Attitude | ニュー アティテュード 5:42
10. 2 Become 1 | 2 ビカム 1 2:59
11. Barr Barr | バー バー 4:28
12. flying LOVE | フライング ラヴ 9:33
Total Time 51:17
Words / sounds / written / performed / recorded / mixed by 蓮沼執太 | ShutaHasunuma
Mastering Engineer 北村秀治 | Shuji Kitamura at Audiocity
蓮沼執太  はすぬま しゅうた 
1983年9月11日生まれ、乙女座、AB型。東京都出身。
2006年11月に Western Vinyl から 1st アルバムを発表。2007年9月に PROGRESSIVE FOrM より 3rdアルバム『HOORAY』、同年11月に Western Vinyl より 2ndアルバム『OK Bamboo』を発表。
http://www.shutahasunuma.com/

>>back to label list