>>back to label list

豊田道倫 『しあわせのイメージ』

WEATHER 032 / HEADZ 106
¥ 2,500 (tax incl.) ¥ 2,381 (without tax)
2007.12. 5 on sale
WEATHER / HEADZ

HEADZonlineshopにてお買い上げのお客様には「しあわせのイメージ」ポストカードを、
主要レコード店にて買い求めのお客様には「しあわせのイメージ」ステッカーをプレゼント!
(一部店鋪では取り扱っていない場合もあります。ご了承ください。)

sexy
豊田道倫_パラダイス・ガラージ_hp

ニューアルバム発売記念特設ページ開設!!

CDデビューから12年、聴くものの心を揺さぶり、心に何らかの引っ掛かりを残す、「曲」「うた」を発表し続ける孤高のシンガーソングライター、豊田道倫。
オリジナルとしては2005年作の『東京の恋人』以来となる、約2年振りのニュー・アルバムが完成。
結婚、息子の誕生と、激動の変化も経験したこの2年間の間に書き溜めた数多くの楽曲の中から豊田自身が悩みに悩んで厳選した14曲を収録。
この14曲それぞれにさまざまなアレンジを試し、その中から楽曲の魅力を最大限に生かせるアレンジを吟味し、更にそれらのアレンジに呼応出来得る優れたミュージシャン達を豊田自らがチョイスして起用。
ドラムには豊田のライヴでは常連で、Flying Rhythmsでも活躍する久下惠生、ベースにBUMBLEBEE RECORDSの朋友で、プロデューサーとしても活躍する上田ケンジ、ピアノ/オルガンに元ボ・ガンボスのDr.kyOn、キーボードでソウル・フラワー・ユニオンの奥野真哉が参加。
ヴォーカルには、ベスト・アルバム『ミュージカル・バイオグラフィー』を発売したばかりの小島麻由美、KARENや石橋英子とのデュオでも活躍するアチコ、前作に引き続き川本真琴が参加している。
エンジニアリングは半野喜弘やJazztronik他の作品で有名な早乙女正雄が担当。
丹念かつ大胆なアンサンブルとアイデア豊富なツボをおさえた音遊び、『東京の恋人』とも違う、豊田のプロデューサー、アレンジャーとしての新たな才能が存分に発揮された作品となった。
これまで以上に「うた」とポップさにフォーカシングし、少しアダルトな雰囲気も漂わせる、懐かしくも新しい、豊田道倫の新たな傑作がここに誕生。
豊田道倫にしか表現出来ない様々な「しあわせのイメージ」がここにある。
1. 夢のはなし
2. カップルシート
3. LIFE
4. 飲みに行こうか
5. 軽症
6. マイ・ラブ
7. 小さな神様
8. 90年代
9. 8.11.昼
10. 雨がやんだ
11. このみ先生
12. ビスケットの歌
13. メール
14. サマー・ガール
TOTAL TIME 47:40
Musicians
豊田道倫 : Vocal , Guiter , Toy Piano (7) , Sounds
久下惠生 : Drums
上田ケンジ : Bass
Dr.kyOn : Piano , Organ
奥野真哉 : Keyboard (3,10,11)
アチコ : Vocal (2)
小島麻由美 : Vocal (12)
川本真琴 : Voice (14)
豊田道倫プロフィール
1970年生まれ、大阪出身。1993年より大阪アンダーグラウンド・シーンで活躍。
1995年にタイムボムから『ロックンロール1500』でCDデビュー。以降CD16枚を発表。
2005年12月に『東京の恋人』(WEATHER 024 / HEADZ 63)とカンパニー松尾監督によるライブDVD『映像集』(HMRD-001)を同時発売。
2006年6月にはライブ・アルバム『東京の恋人 LIVE』(WEATHER 026 / HEADZ 76)と初期未発表音源集『グッバイ大阪』(HMRC-001)を同時発売している。
2007年5月に公開されたタナダユキ監督の映画「赤い文化住宅の初子」の音楽を担当し、サウンドトラックCDも発表。ここに収録された楽曲の中の1曲に詞をのせて、新録したものが『しあわせのイメージ』収録曲の「ビスケットの歌」となった。
2007年8月には1996年のセカンド・アルバム『奇跡の夜遊び』(HMRC-003)をハマジム・レコードより再発。
AV作品やCM、ファッション・ショー等にインスト作品も提供。
現在はライブ活動が中心で、今や月いちの恒例ともいえる新宿シアターPOOでの弾き語りソロ・ライブに続き、「勉強会」、「ROCK DREAM」他、様々な自主ライブ・イベントも企画し、積極に自分の「曲」「うた」を聴かせる場を創っている。

>>back to label list