• 安全で安心な、宇宙から来たいろいろな生物
    HOSEのベストアルバム『The Old Ones』を聞きながら書いた詩


    小笠原鳥類



    A1
    安全で安心な笛……安全で安心な笛……それは、鹿の、角、では、なかったかもしれない木の笛が安全で安心であった。私は鹿が歩いているのを見ていた。私は、犬が、歩いているのを、見ていたし、猫を、見ていた。猫が、とても、低い、場所を……(安全で安心な場所だ)歩いているのを、見ていた。音が、なかった。笛は木の笛であり、曲がっていた。ヘビのように曲がっている笛を、いにしえの人が、吹いていた。ヘビのような、曲がっている、笛には、いくつかの穴があって、それを指で押さえたり、指を離したりして、音の高さを変化させた(安全で安心な)。曲がっている笛には「蛇」という名前が、付着していた、の、かも、しれなかった……フルートの音が暗い、という文章をどこかで読んだような記憶があって、どこにあるのだろうかと最近探したんだが、見つからなくて踊った。踊る人がフルートを吹いている油絵があるのではないか、油絵具で、描かれた……と思ったのであるが、木の板に絵が、描かれている。クラリネット、クラリネット、クラリネット、という語を、思い出す。実際にはクラリネットの音は鳴っていないのかもしれない。それから、それから


    A2
    安全で安心な街……布に描いてあった文字。ここは安全で安心な街で、とても散歩を、することが、できる。できる……可能だ、可能な(と言って歌っている)。踊っている人は麗しい模様の服を着て踊っているだろうし、コーヒーを飲んでいる人が多い。私は曲がりくねった笛を、吹いていたことが、あったの、だろうか……よくわからないよくわからないが、コーヒーのような色の笛を、吹いている、人が、いた。フルートも、木の楽器である、ことが、あるだろう。クラリネットのようなコーヒー。それからハープの音が鳴り響いていた。たくさんの、音が、あった。しかし(安全で安心な)(安全で安心な)(安全で安心な)とても幸せ、幸せ――それから――幸せ。何の問題もない、何の問題もない、何の問題もない、と言って、歌っていた。踊っていた打楽器。動物園が安全で安心な場所で、わたしたちの街の動物園には猿も踊っている。コンクリートの山で、踊っている、動物は、たぬきの、ような……象の、ような、宇宙から、来た、生物。くつろぎ。深海生物も安全で安心な、くつろぎ。室内楽……何の問題もないのだし、とても、数人で、演奏している「わたしたちは安全で安心な街を作らなければならないのです」という、小さな、声……ホルン、という、楽器を、思い、出していた。それは、まるくて、曲がっていて、たくさんの管が、ありました。安全で、安心、いつまでも長生き、健康で幸せ幸せ、何の問題もない。木の笛があり、鹿の角の笛が、あったのだろうか、表情がある音だなあ、鹿の顔に表情が、ありました。私を見ていたのです。安全で安心な、


    A3
    布が多い服を着て、ヒラヒラと踊るウミウシのような踊りではないかと、想像していたのである。踊る人は同時に打楽器を演奏していることもあるだろう、クラリネットとか、カスタネットの、ような。踊る人の後ろには数人の楽器を演奏する人がいて、映画だった、映画には踊る人たちが多い。いつまでも踊るいつまでも健康、いつまでも生き生き、健康で生き生きすること、健康で生き生きすること、そのための、エビの料理を、食べること……大きな、エビの、料理……米も、使われていた。映画の最初から最後まで踊る人々。踊る人々の、後ろで、演奏を、している、楽器を、持った、音楽の、人々……打楽器の人、安全で安心な、いつまでも健康で長生きすること、それはとても問題がないことであった、エイも、長生きするだろう……大きなエイとか、大きなイルカとか、大きな猿とか、まだ人類には知られていない大きな(声)クジラの、いろいろな、種類……クジラ図鑑を見ていると、「このグループについてはまだ全然わかっていないのです」という、静かな文章が、あった。生きている姿が確認されていないクジラがいるということが、あって、いろいろな種類がいるクジラであるなあ、イルカのようなクジラだ、問題がない、何の問題もない、イルカのようなクジラがとても長くて、あまり鳴かない動物なんだろうか、イルカは常に鳴いている。象の……ような……象の……ような……とても……宇宙から……来た……生物、生物。私は生物学の本を読んでいることが、あったの、かも、しれない。表紙が緑色で、図書館の奥の方にあった図鑑。あった図鑑。何の問題もない、何の問題もない(それは熱帯魚の図鑑であった)。熱帯魚の図鑑の、表紙が青くて、黒くて、緑色だった……もっといろいろな熱帯魚の図鑑が、あれば、いいなあ、と思うこともある。書店で意外に熱帯魚の図鑑が少ないのではないかと思うことが、ないわけではない。だが私は幻を見ているんだろうか……幻は楽器の音となって出現してくるのだろうか、とても安全で安心な、健康で生き生きしている、いつまでも長生き、幸せそれから幸せ、幸せ――それから――幸せな、映画、映画。特に大事件が起こるわけでもない、映画……私はシャーロック・ホームズを、読むことも、あった。何の問題もない、何の問題も、ないだろう。事件はなくていい、それから、言葉は呪われていない。とても安全で安心だ、とても安全で安心だ、イモリが歩いている。水族館では大きなイモリ(ネッシーのような)も、歩いていたし、ヒレを、ヒラヒラさせて、踊っていた。ヒレの多い服を着て、魚のように踊る人で、あった。踊る人で、あった。事件があって、映画になっていて、とても、安全で安心であった。イモリは湖という安全で安心な場所で生きて泳いでいたのかも、しれない。電気ウナギ


    A4
    人間の声が聞えてくるだろう歌であるだろう。水族館をグルグルと回って泳いでいるだろうし安全で安心で長生きする健康・健康……何の問題もない、何の問題もない、とても人間の声が聞こえるなあと「動物が言っている」。大昔の森では動物が変身することが、ありました。それから動物は変身した。動物の――変身――に、ついて、ふしぎな話を集めた本が、ありました。人間が鹿に変身した!宇宙では、何が起こるか、わからない、わからない、よくわからないよくわからないが、それから、宇宙には、むじなが、いるだろう


    B1
    海水は、とても、安全で、安心な、物体で、あったこと。あった……そのような、ことが、ありました。なかったかも、しれない、ということが、ない。くじら図鑑が、とても青くて、黒くて、青い黒い写真が多くて、シャチの写真が、ありました。クジラ・イルカ図鑑で、あった……クジラやイルカはとても木で作られた楽器であったのか、いや、そういうことは、ないのだ、と、言っている。何の問題もない、何の問題もない、踊っている人を描いた絵を見て、美術館をグルグルと回って行動を、している。何の問題もない、何の問題もない、こわくない、おそろしくない犬。美術館には、犬を描いた、絵も、あって、「美術と動物」と、看板に、書いてあることも、あった。「新鮮な魚!」という、叫びのような、ことが、青くて黒い板に白い文字で、書いてある、ことも、あった。ガラスの扉の向こうには青くて黒い闇が広がっていて、その闇が、空気が、深海の、サメであることだ、と思っていた。深海でイカを食うクジラのグループもいただろう。なかなか水面に浮かんでこないが、時々水面にやってきて、とても、とても、新鮮な、呼吸をする。健康で元気な、活発な、イルカのような、クジラであると、思う。思った。何の問題もない、何の問題もない、何の問題もない、とても安全で健康で長生きする、クジラ・イルカ図鑑には、わけのわからない種類が多い。よくわからないよくわからないが、生きている姿がなかなか観察されていない種類が、いるので、いる、ので、とても充実した研究生活を送ることになるイルカ・クジラ研究者である。写真を……撮影しました、写真を……撮影しました、生きている生きている生きている生きている犬、生きている生きている猫、とても呼吸をする生きものを水面で撮影する鹿。象が、泳ぐ、象が、インドの、映画で、走っていた。とても安全で安心だ、人々は健康で長生きすること。生き生き、健康、体操……何の問題もない、何の問題もない、何の問題もない、と、言っている言っている言っている、クジラ・イルカ研究はとても安全で安心だ、船の上で、とても安全で、安心である。船が青くて、黒かった……クジラやイルカのような船で、あったのかも、しれない。楽器のような、船で、あったの、かも、しれない……よくわからないよくわからないが、船の上で歌っている人、踊っている人、船の上でヴァイオリンを弾いて踊っている人、踊っている人の後ろで楽器を演奏している数人の(複数の)人たち、水の音(とても、安全で、安心な)(とても――安全で――安心な――)こわくない、こわくない犬、こわくない、こわくない犬だなあ、犬が電気を出したら鳥のような生物なんだろうか、犬といっしょに散歩をしている人は電気を出す人だろうか、あるいは電気クラゲとか、電気エイ、電気ナマズ、電気ウナギ……水中には電気を出す生きものがいろいろいました。魚の……図鑑を……見ると、熱帯魚のページとか、いにしえの数億年前から形を変化させずに生きている古代の魚たちとかシーラカンスとか、いろいろいた。シーラカンスは、大昔の熱帯魚の図鑑には、載っていないだろう、載って、いないだろう。シーラカンスは版画だ、銅の。金属で、できている、とても泳ぎが順調な、魚だ。それから電気シーラカンスは電気を出すだろう。電気……シーラカンスは……電気を……出す電気ウナギの、ように。楽譜を見ると、そこに「電気ウナギ」とか、「サカサナマズ(泳ぐ時、背中が下、腹が上)」とかいった、魚の名前が書いてある。めずらしい魚を数年間飼育することである。そのように、いにしえの、人々は、歌いました。熱帯魚の図鑑、いにしえの熱帯魚の図鑑で、フルートのような、人が演奏する楽器のような魚も、泳いでいた。とても健康で生き生き、長生き


    B2
    事件のある映画。そこには走る人がいて、ゆっくりと……街を……歩いた。安全で安心な、平和な街で、走る人がいて、それから、走る犬が、いるだろう。走る象がいるだろう走るゾウ、走るゾウ、と、言いながら、歩いていた。何の、問題も、なかった……とても、走る、ゾウ……それからカメが走ったし、コンドルが飛んでいたのかもしれないし、おそろしいかもしれない、実際にはおそろしくないいろいろな巨大生物が出てくる映画が、ありました。いにしえの、白黒の、映画でした。イグアナのような生物を出して「これは恐竜だ」と、言っていた、のです。そのようであったと思える。他に、牛が、出てくる、映画が、ありました。何の問題もない、何の問題もない、何の問題もない、とても歌ってしまう。川で、猫を、見たのである。その時、その川で、水が、流れていなかった安全で安心。わたしたちの街は安全で安心な、街だ……そこを一人の男が走っていく映画なのだろうか……よくわからないよくわからないが、男は踊ったり、あるいは、コーヒーを飲んだり、していた。水が流れていない川をさかのぼって歩いていく静かな一匹の、猫。水がないというのはこの場合、とても正常な、ことなので、あった……いろいろな川がある。いろいろな種類のクジラ・イルカがいて、いろいろな水があって、いろいろな川があって、サケがやって来る怪獣だ。やって来る、怪獣……アコーディオンもオーケストラである。犬、犬……犬はおそろしいことである。実際には、おそろしくないなあ。こわくない、こわくない、こわくない、こわくない、犬、犬……猫が、こわくない動物である。生きている動物である。馬については、私は多くのことを思ったことが、ない。絵を見て、ああ、空中に浮かんでいる馬であるなあと思ったし、わたしたちの街には馬が、あまり、いないのである。馬の絵を、版画で、描いた。木の、版画で、あった……何の問題もない、何の問題もない、何の問題もない、馬の、絵。走っていたり、立ち止まっていたりする、馬の、絵である。それからカーテンを見ていた。外が明るいので、カーテンも、少し、明るかっただろう映画。実際には事件が全く起こらない映画で、動物の記録映画で、あったの、かも、しれない……『サメは生きている生きている生きているクジラ・イルカ』のような、


    B3
    何の問題もない何の問題もない。踊っている人は猿のように踊っていて、それから、後ろには打楽器を演奏する人が並んで、いた。いたと思う。それは何だろう……その打楽器および、映画はどうしてだろう。何の問題もない、何の問題もない、何の問題もない、料理の店にいるような気分だ。テーブルは赤い木材を用いたもので、その上に黄色い料理は、やって来る。UFOの、ように、やって来る。UFOの――ように――やって来るやって来る、いにしえのUFO写真が、とても白黒で、怪しいが、とても、おそろしくない、と、思う、思う思う。何の問題もない、何の問題もない(と、言って、歌っている)。キング・コングも、歌っている。キング・コングの歌が、あった。それから打楽器はクジラの骨でできていた。クジラ・イルカの、


    C1
    柔道の人が、いるのかも、しれない。動物たちのスポーツ大会が、森で、行われる。動物が動物を、応援すること……例えば、牛の背中にいる、虫を、鳥が、食べること……何だろうか、この虫は。鳥のクチバシが黄色かったり、あるいは、赤かったりすること。鳥の図鑑で見たんだ


    C2
    それから、鳥のクチバシについての、映画が、あった教育映画。鳥にはいろいろな種類がいて、クチバシの種類もたくさんあるんですよ~ということを、教えてくれる、映画、映画。クチバシの、色。クチバシの、形。いろいろな種類の、ペンギン。鳥は、どのようにクチバシを、使って、虫や花を、食べているのかという、ことを、教えて、くれます。何の問題もない、安全で、安心である。クチバシを使って、虫を、食べること。クチバシの、大きさが、重要である。「ここではクチバシの大きさが重要ですよね」ということを、質問されて、しかし、「ここではペンギンの大きさが重要なんです」という答えが、宇宙から、やって来る。やって来るものは宇宙から来ました。宇宙から、来たんだ。UFOの、映画が、あった。何の問題もない、何の問題もない。恐怖はない。犬が来たとしても、恐れることはないんだと思う。シャーロック・ホームズに、犬の小説が、ありました。あったし、それがどのような小説であったか、何度読んでもかなり忘れてしまう夢。忘れてしまう忘れてしまう夢。何の問題もない、何の問題もない……それはとてもよいことだ。忘れることはよいことであり健康で長生き、生き生き、ホームズ、ホームズ、と、言っている。打楽器の、色。打楽器の、形。楽器の、絵を、描くこと。打楽器の、大きさ……その打楽器は、どのような音を出すのか、音色の、確認、確認、確認、カラスは「確認、確認、確認」と言って、鳴いている。何の問題もないなあ、笛の、音も、聞こえる金属の、木……金属でできた、木材


    C3
    くつろいだ気分でゆったりと、どうぞ、と、言われている。何の問題もない、何の問題も、ないだろう。昔の映画はいいなあと、刑事コロンボが、言っていたので、例えば昔のキング・コングの、映画を、見ていた。キング――コングの――映画を――見ていた。見ていた。何の問題もない、何の問題もない、午後にキング・コングの映画を、見ている。それは何の問題もなかったし、それから、本物の恐竜が、出てくる、映画で、あったよ、あったのだよ、ということを、言われる。白黒の、映画であった。踊る人々も出てきた。踊る人々は何の問題もないだろう。映画には次々に踊る人々が出てきた。それはキング・コングの映画であり、くじら・いるかの、映画で、あったのだと、思う、思う思う。それから、それから、私は怪獣の出てこない映画をどのように見てよいのかわからない不安定な気分だ。それからカマキリがやって来る巨大生物の映画を見ていた。あるいはアリの映画とか、バッタの映画、サソリの……映画……くつろいで見ていた。くつろいだ気分で、ゆったりとどうぞ、クモの映画はまだ見ていないものがある。巨大昆虫の、映画、巨大な、虫の、映画……キング・コングは、恐竜と戦い、それから、長い虫と、戦ったんだろうか、よくわからないよくわからないが、今ではまるい銀色の小さなディスクにキング・コングの映画も、記録されている、記憶、されている、記録・記憶、何の問題もない、何の問題もない、とてもよく覚えている、永久に保存できるんだ。乾燥した、魚の、ような、まるいディスクに


    C4
    くつろいだ気分でキングコングをどうぞ……あるいは巨大カマキリ映画をコーヒーを飲みながら見るだろう。もぐら人間、という、映画が、あったような、気分で、生きている生きている、いつまでも。何の問題もない、何の問題もない、それから、宇宙からはいろいろなものがやって来る映画があったことである。宇宙からやって来たクラゲのような生物を、見て、とても、電気を、出す、生きものであるなあ、と、思う、思う思う。クラゲの――ような――生物。とても――電気を――出す。何の問題もない、何の問題もない、実際にはクラゲのような生物は地球にやって来ないし、逆さ(頭が下)になっているクラゲは、こわくないこわくない生物だ。昔の話になるが、奇妙な熱帯魚を集めた、熱帯魚の雑誌特集が、ありました。肺魚がいて、サカサナマズがいて、電気ナマズが、いた。ヨツメウオには四つの目が、ありました。シャーロック・ホームズの小説に、出てきた、ことが、あったのか、どうか、よくわからないよくわからないが、電気ウナギであった。電気ウナギが泳いでいる湖に、馬がやって来ると、電気の力で馬が驚いて、走ってしまうよ、健康だ!「新鮮な魚!」という、ことが、青くて黒い看板に白い文字で大きく書いてあった叫びの、ように。いつまでも健康、イルカ・クジラは魚を食べてしまう。イカを、深海で、つかまえて、食う、クジラのグループも、いました。それはとても安全で安心であった。安全で……安心だ……安全で……安心だ……何の問題もない、何の問題もない、とても――とても――機械から出る音が―――安全で――安心だ、くつろいだ気分で生きていることができる、いつまでも、いつまでも、何の問題もない何の問題もない、とても、とても、とてもよいことだ、それから魚という物体を思い出す。ナマズも、魚である。健康で、何の問題もない。電気を出すナマズもいて、エイも、電気を、出す


    C5
    歩いているエイとか、ナマズとか、シーラカンスとかであった。歩く音楽。人を歩行させるアニメの音楽。エイとか……ナマズとか……何の問題もない、何の問題もない(と言って、歌っている)。新鮮な魚を売る店だった店がかなり昔に閉店してしまっていて、そこは今では深海のエビのようだ。深海の、エビの、ような、生きものが、歩いている……深海の、サメのような、空気が、気体・期待が、ガラスの扉の向こうに広がっているのを私は見た私は鹿を見たんだ。建物の中に鹿がいるのを、見ていた。それは生きている鹿ではなかったが生きていた生きていた、とても生きている剥製であった。その鹿とか、剥製のイタチとかを、見て、これはポスターになるだろうなあ怪獣映画の、と、思っていた。人は動物と戦ってしまうことが、ない。映画は映画であって現実の出来事ではないのだよ ないのだし、と、言って、歌っている。音楽の力で動物と戦うのかもしれない。音楽の……力……何の問題もない、何の問題もない、テレビを見ていた。テレビにはたくさんのサンショウウオのような生物が、でてきた。動物が多いなあテレビだテレビだ、ああ、テレビだ、と、言っている。何の問題もない、何の問題もない、犬と飼っている人がテレビで、放送されている。犬の、絵。犬の、写真。犬の、……、いろいろな、……、種類。犬種、という、語が、あったんだろうか、よくわからないよくわからないが、歌っている。犬の、歌。象の、歌。インドの、象の、歌が、あるのか、ないのか、よくわからないよくわからないが、宇宙から来ました(象が)。サイが、宇宙から、やって来たのだと、思う、思う思う。何の問題もない、何の問題もない、こわくないこわくないこわくないこわくない犬。犬……とても、こわくない動物である猫が、川の近くを歩いているのを、見ていた。とても健康な、健康な、あの、健康な、猫・犬、いつまでも


    D1
    犬といっしょに暮している人が多いというのが驚きである。犬がいつまでも健康で長生きすること……犬が、いつまでも生き生きしていること、犬が骨を食べること、犬がカルシウムを食べること。カルシウムは袋に入っていて、とても、健康のための食品であるということ。魚の骨だったんですよ、ということが言われて、おお、魚の骨は虹の色に光るなあ、と、思っていた。思っていた思っていた、何の問題もない、何の、問題も、ない……何の問題もないのです犬。犬が、とても、こわくない動物であった。動物園に、あまり、犬は、いないかもしれない。犬……犬ではなくて、例えば、イタチが、動物園に、いるのかも、しれない。それから犬ではなくて、犬ではなくて、例えば、たぬきが、動物園にいるのを、見ていた。犬ではない犬ではない、犬ではないんだ。犬はおそろしくない動物である。川の近くで犬と飼い主が歩いているのを見ていた。とても、安全で、安心……安全・安心、安全・安心、安全・安心、犬・猫と、いっしょにいつまでも暮らすこと、とても安全で安心で、健康で長生き・生き生き、とても……とても……健康で……生き生き、長生きすること。何の問題もないこと。何の問題もない何の問題もない、いろいろ考えてしまう。たぬきが動物園に、いること、いること、昼間はいつまでも寝ていて動かないタヌキであったこと、私は見ていた。私は、こわくない犬を見て、ああ、こわくないこわくない犬だ、と、思って生きている。鹿が、こわくない動物であることが、あった動物であることが、あった。鹿が、人々の暮らしている街で、歩いているのを、見ていた。鹿から逃げて歩いていても、鹿から逃げることは、できないのかもしれない……何の問題もない、何の問題もない、鹿は、犬ではない。鹿から遠く離れた道を歩こうとして、しかし、鹿はとても速い生きものであった、危険ではない。安全で安心な、安全で安心な、安全で安心な、安全で安心な……――鹿である。鹿は、とても安全で安心である。鹿が私を見ていた。それはとても、うれしいことであったではないか。鹿が、鹿が、鹿が、鹿が、鹿が、私を見ている。それは動物園ではないことであった。動物園ではなくて、人々が暮らしている街で、鹿は、歩いている。それから犬が飼い主といっしょに歩いている。全ての生きものが生きている生きている生きている生きている、何の問題もない、何の問題もない。とても――とても――とても――とてもよいことだよいことだ、歌ってしまう。それからいつまでも健康で長生き、いつまでも・健康で・長生き・生き生き、そのような状態である鹿や、犬や、猫や、たぬき・猿。いにしえの森では動物が別の動物に変身することがありましたよ~ということが言われる。人間は水を飲んで鹿になるだろう。「わたしを飲みなさい。するとあなたは鹿になるだろう」ということ、グリム童話でそういう話があった(水が話す)。(水は緑色だ……)この水槽の、中で、熱帯魚は蝶に変身することも、あるだろうか、ないのかもしれないが、よくわからないよくわからないが、とても――とても――とても――とても――犬だった犬だった、何の問題もない、何の問題もない、何の問題もない、何の問題もない、犬には犬小屋があって、その中には深海のサメのような闇の空気が広がっている。闇のようなシーラカンスが広がっていた。何の問題もなかった。何の問題もなかった。それは、それは――それは――それは――とても――とても――とても、よいことで、あった、何の問題もない。シーラカンスを映した貴重な映像ですよ、ということを言われて見ていると、紫色の魚たちが踊っていた。猫が踊る話はおそろしいのでとても逃げてしまうが、実際には安全で安心だ、何の問題もない、何の問題もない。安全で安心であること、安全で安心であること、安全で安心であること……それはとても安全で安心で、私はいつまでも健康で長生きするだろうし、それから幸せそれから幸せ、何の問題もないだろう。おお、犬ではないテンのような生物を美術館で見たのかもしれない。イタチの剥製を見たのかもしれない室内で室内楽。イタチを、猫が、つかまえてきたのだという話。猫はイタチよりも大きくて強いのだ、何の問題もない。動物と動物との戦い……動物映画。動物の、生きている、状態を、記録する、記憶する、映画、……例えばキツネの映画があった。南極の犬の映画が、あったの、かも、しれない……いつまでもいつまでも生きている犬を撮影した南極の緑色の氷のゼリーの映画。青くて黒い南極の海でペンギンは犬に食われるのだろうか……シャチはペンギンを食うのだろうか、よくわからないよくわからないが、シャチの映画は、ありました。いくつか、あった。いろいろあった。人間とシャチが戦う映画があり、人間とシャチが友達になる映画、も、あった。シャチは犬ではない犬ではない、それから何の問題もなくて、とても安全で安心で、静かになると、犬ではないなあ、犬ではない猫なんだ、あの生きものは何だろうということを、ずっと考え続ける。シーラカンスを水族館で飼おうとした話を読んだことは、あります。あったかも、しれない。何の問題もない、何の問題もない、何の問題もない、何の問題もない、クジラを水族館で飼うことは難しいのかもしれないが、あるいはUFO


    D2
    あるいはUFO。UFOを撮影した、いにしえの、白黒の、写真とか、映像……UFOをつかまえた少年たちの話を、読んでいた記憶が、あるだろう。しかしUFOは逃げていくのである。UFOは魚のように逃げていくだろう安全で安心だ。宇宙人と地球人が戦うことが、ないだろう。宇宙人は緑色で紫色で、目が大きくて、それから、いろいろな、実験を、していた。地球の生物は解剖されるが生きていて生き生き、何の問題もなかったという。宇宙人が牛を食べたり、あるいは犬を食べたりすること。トカゲの、ような、生物を、食べていた。私は生物学のいろいろな本を読み、おお、エビのような、でもエビではない生物を、知ることが、できました。よかった……宇宙映画、UFO映画で、ふしぎな音楽を、聞いていた。そのような、音楽が、流れていたの、である。くつろいだ気分で映画を見ていた。あるいはくつろいだ気分で魚を見ていた。熱帯魚の、水槽が、あったのである。あった、ので、ある。何の問題もない、何の問題もない……私はとても安心している。安全・安心、安全・安心、安全・安心、安全で安心な電気ウナギ、電気ナマズは宇宙から来た生物であった動物で、あったのである。それからキノコにもいろいろな種類があるんだなあ。食べられるキノコとか、食べてはいけないキノコとか、いろいろあって、笑ってしまうキノコもあった。食べた人も食べられたキノコも、笑っている。何の問題もない、何の問題もない、踊っている。いにしえの昔ばなしでも、人はキノコを食べて山で踊っていた。ヒラヒラと踊ったのである。何の、問題も、ない……あるいはUFO。UFOが、キノコであった。キノコの形のUFOを、ヒラヒラ踊りながら、食べること……何の問題もない、何の問題もない、それは金属ではない。あるいはカルシウムであったのかもしれない。カルシウム生物。銀色に光るキノコは緑色に光るキノコであった。イカが、光る。イカが、光に向かって、集ってくる集ってくる……それらは宇宙から来た







    ページのトップへ戻る